読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャッツ会のはなし

木更津の不登校、ひきこもり経験者交流の場を月に1回開いています。 当事者に限らず、周囲の人も。                   自分の過去なども書いています。cats.kisa@gmail.com

自分にオシャレを許可してあげる

前回の記事の続きです。


いじめ後遺症から遠いようで、実は近いです(笑)


いじめられ続けて心が麻痺すると

綺麗なものを、綺麗と感じられなくなるのかな、と。

自分の感性を押し殺して生きていくと

自分の心が何に反応するのかよくわからなくなる。

なので、オシャレするってよくわからなくて。



そうすると、女性の中で必要な共感や同調ができなくて

一緒に居ても孤独感だけなのかと。


綺麗なもの、が

自分とは全く正反対にあるような。



きっといじめられ経験が無い人も

空が綺麗過ぎて泣きたくなるときってありませんか?



そんな感覚が、ずっとありました。



それからもう1つ、オシャレできなかった理由。

自分が自分を大切に思えなかったから。

外見を気にかけてあげられなかったんです。

余裕もなかったし。

こんな中身の無い自分が、外見磨いても仕方ない、みたいな。


ここ数年ですね。

たぶん働き出して、自分のお金で好きなものを買えるようになって。

自分のお金なので、変なもの買ってもまぁいいかと。

そうそう、ここも失敗しながら

自分の好きなオシャレやファッションを知っていきました。


(これが最初に書いた、「働きやすい職場で働けたこと」にもつながる)


自分の好きなものを感じられるくらい、心が回復してきて

自分の外見を気にかけてあげてもいい、て

自分が自分に許可できたんです。


そしてここ数ヶ月は

もうあんまり、人にこだわらなくなりました。

キャッツ会がある安定も関係しているかもしれません。


女性とも、年代関係なく

仲良くなれる人も居るし、仲良くならない人もいる。


究極、ひとりでも大丈夫なんです。

前の、強がってる感じとは違って

ひとりを楽しめるようになったと言うか。


それって、最強なんですよね(笑)


こう書くと、すごく自立してるように思えるけど

ブレながら、そんな自分になっていってる気がします。


それは今年の大発見でした。

また違うテーマなのでこれはまた今度。



自分にオシャレを許可して

オシャレを楽しめると

外見を褒められるようになったりして

さらに自分大丈夫、につながる気がします。


今、自分をダメだと思いやすい人は(私もまだまだ思います)

オシャレしてみるのもオススメです。

オシャレできない人は

「今、オシャレできないくらい疲れてるんだなぁ、心弱ってるんだなぁ」と自分に優しくしてあげてください。


急なオシャレて、ちょっと恥ずかしいから

部屋着からスタートするのもオススメです。


私、書いているうちに最初の話からそれる傾向があるので

ちょっと心配です(笑)